学校の試験問題は

学校の試験問題の意義

学校の試験問題について

学校の試験の問題は、模試のように実力を試すものではありません。その目的は常の授業をどれくらい真面目に聞いていたか、宿題をどれくらい真面目に取り組んだかを試すものです。試験勉強といっても、今まで使っていたノートを見返したり、学校配布の問題集を解きなおしたりなど、復習がテスト勉強に繋がります。数学のテストがこの傾向に顕著で、出題されるものはほとんど解いたことのあるものがそのまま出たり、数値が変えてあるだけだったりします。最後の数問は応用だったりはしますが、基本的には毎日やるべきことをやっていれば赤点を取ることはないでしょう。

定期試験を乗り切るためには

中学校や高校の定期試験は短い期間の間に何科目もあり、なかなか大変なものです。しかし、効果的な勉強法を取り入れることによって得点がぐんと上がることもあります。そのコツとしては、まず自分の得意科目と不得意科目をしっかり理解したうえで、不得意な科目は成績が下がらない程度に勉強し、得意科目に時間をかけます。こうすると総合点のアップが見込めます。また、試験範囲を把握することは当然ですが、勉強にとりかかる前にきちんとノ-トをまとめておきます。そして先生によっては出す問題の傾向がはっきりとしているので、早めにその傾向をつかむことです。一夜漬けやヤマかけで成果を上げることはまず難しいので、毎日コツコツと学校の授業の復習をすることが重要です。

学校の試験の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 学校の試験問題の意義 All rights reserved